ネットを使って信用取引!ネットを使うメリットとは?

信用取引の二つの方法

信用取引で株式の売買を行うためには主に二つの方法が選べるようになりました。一つは証券会社に電話などを利用して連絡することにより株式の売買を行う方法であり、古くから行われているものです。もう一つはオンラインで利用できる口座を作ってネット取引を行う方法であり、近年になって利用できるようになりました。どちらも一長一短ではあるものの、ネット取引を利用できるようになったことのメリットは信用取引を行う上で理解しておくと良いでしょう。

信用取引におけるネット取引のメリット

信用取引をネット取引で行えるようになったメリットはスピードを出せることです。今、株式を買いたい、売りたいというときに即座に決断を反映させることができます。電話などで証券会社のスタッフを介して売買を行っていると、その間に交渉が入る場合もあるでしょう。少しの間に株価が変動してしまって損をしてしまうリスクもあるのが事実であり、気づいたそのタイミングでスピーディーに取引ができる点でネット取引が有利なのです。

手数料でもメリットがあるネット取引

ネット取引をしても信用取引を始めるには担保が必要であり、金利や貸株料もかかります。しかし、取引手数料についてはネット取引をすると軽減される場合が多いのがメリットです。証券会社としても人件費がかからないのでその分を取引手数料から差し引くことができます。手数料を少しでも減らすのは信用取引で稼ぐために欠かせない視点であり、ネット取引を選ぶだけでそれが実現できるのです。どちらを選ぶか迷ったらネット取引を選ぶと良いでしょう。

株式の売買は、株の現実の価格で取引する現物取引と手持ちの資産を担保に証券会社から借入をし取引をする信用取引があります。信用取引の担保は、現金の他に株式を担保にするのが一般的です。