楽に儲けられる?ファンドを利用した投資とは

投資の一つの選択肢、ファンドを知っていますか?

皆さんは「ファンド」というものをご存知でしょうか?これは、一般には、顧客から集めたお金を投資顧問会社などが顧客に変わって運用を代行する金融商品のことをさします。ファンドの代表例として「投資信託」というものがあります。この投資信託に代表されるファンドにおいては、様々な分野や種類の金融商品を合わせて商品が作られており、その組み合わせによって膨大な商品が世に出回っているのです。それらのたくさんの商品の中から、投資家は儲かると思うものを購入するということになります。

ファンド選択までやってくれる!?ファンドラップとは

ファンドは、たくさんの商品があり、投資家は基本的にはその中からどの商品を選ぶかを決めなければなりません。しかし、その選択を投資家に代わってやってくれるというサービスもあります。これが「ファンドラップ」と呼ばれるものです。ファンドラップとは、投資運用サービスの一種で、顧客が許容できるリスク割合や投資目的などに合わせて、金融専門家のアドバイスなどをもとに、複数のファンドを選んで運用してくれるというサービスです。

ファンドラップのメリットとデメリット

ファンドラップが、ファンドの選択まで個人に代わってやってくれるというサービスである以上、それをやるのがベストな選択といえるでしょうか。これは、個人の力量や求める利益によるものということになります。結局、ファンドラップというものは、専門家の意見に基づいて複数のファンドの選択がなされるという点で、個人投資家は楽をできるわけですが、だからといってそれが必ず儲かるというわけではありません。プロである以上、全くの素人が運用するよりも儲かる可能性は高いと言えますが、運用ミスは必ず生じうるものだからです。また、ファンドラップを利用すると、自分で考えて投資をするという面白みも少なくなるといえます。そのため、どれだけ楽をしたいか、どれだか投資の知識があるか、どれだけ投資を楽しみたいかなどの観点から、ファンドラップを利用すべきか否かは変わってくるといえるでしょう。

個別株投資とファンドの特性をしることで、上手く活用できます。個別株投資では、投資単位が大きく、個人では買えない銘柄もあります。ファンドを利用することで、それらの銘柄に間接的に投資することができます。